会社の行き遅れBBA孕ませた第7話「行き遅れ女上司を電車内で痴漢してから駅のトイレで」のあらすじ、ネタバレ&感想を余すところなく書いていきます。

 

行き遅れ女上司を電車内で痴漢してから駅のトイレで

 

第7話は電車での痴漢プレイ駅でのトイレでアンアンがメインとなっています。

 

登場人物はいつもと変わらず、
・沢村秋子(ヒロイン)
・田中(主人公)
となっています。

 

↓会社の行き遅れBBA孕ませた第7話はこちらから!↓初月無料!

 

会社の行き遅れBBA孕ませた第7話のネタバレ

沢村主任と2人で取引先での仕事を終え、電車で帰路につく田中。

 

仕事内容を褒められていたところ、電車が混んできて、沢村を後ろから押しつぶす形に。

 

沢村のうなじから良い香りが―――。

 

「扉が閉まります、ご注意ください」というアナウンスとともに、膨らんだ股間が沢村のお尻に押しつけられて―――。

 

固いものが当たってるよと恥ずかしがりながら告げる沢村。
静かにしないと周りに気づかれちゃいますよと恥も外聞もなく沢村の尻を触りだす田中。

 

ここから電車での痴漢プレイが始まります。

 

股間を責められ、声を押し殺す沢村。

 

何人かに気づかれても、恥じらう沢村に言葉でも責めつつ、田中は股間を責め続けます。

 

立っているのもやっとな沢村を、次の駅で降ろし、駅のトイレでのセックスに突入します。

 

駅のトイレでは開始早々から全開モードで、スーツ姿の沢村をズッコンバッコンしていきます。

 

性欲を抑えきれない田中。
それは沢村も同じであった。

 

コンドームに射精する田中。
捨てようと思ったそれを手渡すよう告げる沢村。コンドームにたまった精子を飲む沢村
それを見てまた田中のち〇こは勃起。

 

その後、会社に連絡を入れ、ホテルに直行する田中と沢村であった―――。


会社の行き遅れBBA孕ませた第7話の感想

沢村主任は相変わらず肌が白く、唇がエロいです。

 

今回は電車での痴漢プレイなんですけど、田中は電車での痴漢プレイを既にやったことがあるのかっていうくらい自然に沢村の尻を触りだして、股間をいじりだすんですよね。導入が自然すぎる(笑)。

 

そして田中の股間の手つきが手馴れている!
慣れてしまっている―!股間を責めるのに、慣れてしまっている―!

 

電車で声を押し殺しながら我慢する沢村主任も顏がまたエロいですよねー。
恥じらいながら赤くなって、目をつむりながら口に手を当てて。

 

処女か!っていうくらいの少女感が出ています。エロい。
電車での痴漢プレイはマジでエロいですね。

 

駅のトイレでのプレイは、現実の中の非現実。
ありえないシチュエーションですが、かなり現実に近いんじゃないかと思います。

 

電車での痴漢プレイの悶々状態からの駅のトイレなので、いきなりの全開モードでのズッコンバッコンでした(笑)。
でも、コンドームはちゃんとしてたんだね。
てっきりほとんど膣内出し決めちゃってるのかと思ってた。

 

コンドームに溜まった精液を飲んじゃう沢村主任。
それはやりすぎでは――!(笑)と突っ込まずにいられないくらいに、エロくなってしまっています。

 

田中はまだ彼女がいるらしく、しかも仲直りまでしたらしく、セフレの関係でもある主任との今後がどうなるのか気になりますよねー。
それは次回以降のお楽しみ。

 

作品の題名が【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた。ですからねー。
最終的には孕ませて結婚までいくのかもしれませんね。
はたしてハッピーエンドで終わるのか!
楽しみですね♪

 

以上、【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた第7話の感想&ネタバレでしたー。

 

ちなみに私はブッコミで最新話を読んでます。
会社の行き遅れBBAはブッコミが一番配信が速いのでおススメです♪

 

↓最新話を最速で読むならブッコミがオススメ!↓